活性酸素の抑止

年を重ねるにつれ、人の体や心に様々な不調があらわれます。もちろん原因は多種多様ですが、その根本には活性酸素が影響していると言われています。活性酸素は体外に出さないと面倒なことばかりです。

詳細を見る 

冬虫夏草の取り入れ

冬虫夏草とは、セミやクモやガなどの昆虫の身体に寄生するキノコの仲間です。 これにはたくさんの栄養素が入っていることから摂ることが勧められていて、サプリメントで摂ることができるようになっています。

詳細を見る 

痛みの解消

若い時は大丈夫だったのに年齢を重ねるごとに色んな症状が現れる、ということがあります。特に痛みの場合はとても耐え切れないので常に対策をしておくことが必要になってきています。

詳細を見る 

脂肪肝の解消

女性に増えている脂肪肝とは

現代病のひとつである脂肪肝というと、食べ過ぎや飲みすぎが原因で起こると考えられがちです。しかし、近年、ダイエットが原因で女性の多くが発症しています。無理なダイエットを行うことで、肝臓に負担をかけてしまうからです。たとえば、ダイエットで食事制限をすると、体内が糖質不足となります。それで、体は筋肉に含まれるたんぱく質を糖質に変えてエネルギーとして使います。この状態が長く続くと、次第に肝臓がたんぱく質不足となってしまいます。その結果、肝臓から脂肪が出せない状態となることで、脂肪肝を発症します。

ダイエットする時に気をつけること

女性がダイエットをする時に脂肪肝にならないようにするには、いくつかの注意点があります。まず大事なのが、食事で無理な食事制限をせずに、肉や魚などのたんぱく質をしっかり摂ることです。早く痩せたいと野菜やフルーツばかり食べていると、肝臓に脂肪がたまりやすくなります。 また、その他にも野菜やキノコなどの食品を積極的に食べたほうが良いです。これらの食品は、食事から摂取した糖質の吸収を遅らせる効果があります。ですから、たとえカロリーが少ない食事をしても、満腹効果を維持することができます。 それと、女性は普段の食事に、ショウガ、とうがらしなどの食品を取り入れると良いです。これらは新陳代謝を促進させるので、脂肪の燃焼を助けてくれます。上記を参考にダイエットを知れば、脂肪肝の発症を防ぐことができます。